TISインテックグループのアグレックスは2月17日、アマゾン ウェブ サービスが提供するクラウド型コンタクトセンターサービス「Amazon Connect」と、セールスフォース・ドットコムが提供するクラウド型カスタマーサービスプラットフォーム「Salesforce Service Cloud」を組み合わせた「次世代型クラウドコンタクトセンターサービス」の導入支援サービスの提供を開始したと発表した。

 サービスは、「Amazon Connect」と「Salesforce Service Cloud」を組み合わせることで、蓄積された顧客情報と関連づけたコミュニケーションチャネル先のエンドユーザーへの適切な応対が可能になる。また、「Amazon Connect」の音声チャネルを、Salesforceの各種チャネル(チャットや電子メール、SMSなど)と連携させ、顧客のオムニチャネル戦略の推進を後押しすることができる。

 アグレックスは、20年以上にわたってコンタクトセンター事業を展開している。音声マイニングソリューション(音声認識+テキストマイニング技術)やAIチャットボットの導入支援サービスも展開しており、これらのサービスとコンタクトセンターを連携させることで、さらなるカスタマーエクスペリエンスの向上も目指す。