サードウェーブソリューションズ(潮田一志社長)は2月21日、直感的な操作でオフィスの家具を自由自在に調整できるオフィスレイアウトソフト「Offima(オフィマ)」を発表した。

オフィスレイアウトソフト「Offima(オフィマ)」

 Offimaは、PCの画面上で作成したリアルなオフィス内にさまざまな家具や備品を簡単な操作で設置することができるソフトウェア。家具が適切に設置できるか自動で判定を行う衝突判定機能や、季節、時間によって変わる太陽光のシミュレーションができるレイトレーシング機能を搭載。さらに、作成したデータは、VRゴーグルで実際にレイアウト後のバーチャル空間内が内覧できることに加え、オフィスの図面や、使用した家具・備品の見積書も出力可能となっている。

 直感的な操作で仮想空間上のオフィスレイアウトが可能。家具の大きさや間取りもリアルに実感でき、その場で見積書・パース図・設計図面(平面図)出力まで行うことができる。馴染みのあるユーザーインターフェースで、直感的に操作できるボタンを配置した。ドラック&ドロップで簡単に家具の設置が可能。椅子などの種類を変えたい時には一括変換も行える。

 家具がオフィスの広さや家具との相性によって配置できない場合は、NGアイコンが出現し干渉することがわかる。これにより、「合うと思って買ってみたが実際はサイズが合わなかった」といったことも防止できる。また、精密な照明シミュレーションを行いたい時は、正確な反射、細かい影、光の遮蔽をリアルタイムで再現。家具の手触りまでもが伝わりそうなほどリアルに再現できる。

 さらに、従来であれば1枚1枚にコストがかかるパース図も、何枚作成しても月額料金で手軽に作成でき、優れたコストパフォーマンスを実現する。