電通(五十嵐博社長)と国内電通グループ10社は3月18日、「Dentsu Commerce Room」を発足し、「新規顧客の獲得」と「既存顧客の育成」をカバーするコマースソリューションを提供すると発表した。

「Dentsu Commerce Room」のロゴマーク

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展により、製品というモノだけでなく、体験・コミュニケーションを含めたコト(買い物体験)を提供していくことが急速に求められつつある。また、大きく変化している生活者の買い物体験を基点とし、広告から売り場への誘導、商品購入者の再購入促進まで、オンラインとオフラインを一貫して購買を最大化するソリューションのニーズが高まっている。

 国内電通グループは今回、こうしたニーズに対応するため、グループ各社が有するコマースソリューション情報を一元的に取り扱うグループ横断組織として、Dentsu Commerce Roomを発足した。

 Dentsu Commerce Roomでは、グループ各社が培ってきた専門的なソリューションを組み合わせ、ワンストップの「顧客体験」(CX)をプランニング、実施することでブランドの売り上げの向上を目指す。また、オンラインとオフラインを横断して収集した各種データを「People Driven DMP」で統合・分析し、クリエイティブチームと連携することで、より良いCXのデザインを実現する。

 なお、Dentsu Commerce Roomを構成する国内電通グループ企業は、電通、電通デジタル、電通テック、電通ダイレクトマーケティング、電通リテールマーケティング、電通 tempo、アイプロスペクト・ジャパン、電通アイソバー、セプテーニ、電通九州、電通東日本の11社。参加企業は今後も増える予定。