日立システムズ(北野昌宏社長)は、部品製造業や組み立て加工業を中心とする中小規模の製造業向けに製造工程で必要な工程進捗管理や図番管理、備品管理などを支援する「FutureStage 製造業向けクラウドサービス Light on kintone」を3月24日に発売した。

画面サンプル

 新サービスは、日立システムズが蓄積したノウハウを基に、工程進捗管理や品質管理、出荷実績管理、在庫管理など、製造工程を管理するうえで必要な14の管理機能をテンプレートとしてアプリケーションに組み込み、サイボウズが提供しているビジネスアプリケーション開発を支援するクラウドサービス「kintone」を活用して開発したもの。

 タブレット端末やスマートフォンでも操作しやすい画面設計により、作業者は製造ラインで作業をしながらでも、簡単に進捗状況を登録することが可能。登録した内容はクラウドに蓄積されるため、管理者や他の作業者とリアルタイムでの情報共有を実現する。また、システムの監視やバックアップなどの障害対策、不正アクセス防止などのセキュリティ対策についても標準サービスとして提供しているため、安心してシステムを利用できる。さらに、同サービスを契約すると、kintoneが提供している日報管理や出張申請など約1000個のアプリケーションを無償で利用することが可能となる。

 これらにより、中小規模の製造業は製造に必要な機能を網羅したシステムを安価に導入でき、情報の一元化を図ることで製造でのリードタイムの短縮やコスト削減を実現する。また、専門の情報システム担当者が不在の場合でもシステムの運用管理負荷をかけずに、手軽に業務のシステム化を行うことができ、業務効率や品質の向上とITコストの低減を図ることができる。

 税別価格は年額120万円(5ユーザー)から。今後、日立システムズは、FutureStage 製造業向けクラウドサービス Light on kintoneの管理機能テンプレートを増やしていくと同時に、中小規模の製造業向けに幅広く拡販し、20年度末までに累計100社への販売を目指す。