日立システムズ(北野昌宏社長)は3月31日、日立システムズネットワークス(新村篤社長)や日立システムズフィールドサービス(飯間正芳社長)と連携し、ローカル5GやWi-Fi 6、sXGP方式(プライベートLTE)など進化・多様化する通信技術の動向を踏まえ、顧客のニーズや業務環境に適したネットワークシステムや、新たなデジタルサービスを提供していくため、社内に5Gの次世代無線通信実験局を4月に開設すると発表した。


 今回の実験局は、次世代無線通信に関する顧客の課題解決を目的として開設するもの。ローカル5Gの検証をするとともに、Wi-Fi 6やsXGP方式のほか、今後新規に実用化される次世代無線通信技術の検証を随時行っていく。

 実験局の開設を通じて、免許申請の手続きや、地域BWAなどとの電波利用の調整などのノウハウを蓄積するとともに、設計時や安定運用に必要な無線電波測定などのアセスメント技術、運用段階で必要とされるセキュリティ技術など、これまで長年にわたり培ってきた技術をさらに高度化していく。また、ネットワーク構築・工事・保守の分野で多くの実績をもつ日立システムズネットワークスや日立システムズフィールドサービスなど日立システムズグループ各社と連携し、適切な設置工事や保守・運用などのサービス提供体制を構築する。

 これらの知見や体制を活用して、新たなデジタルサービスの開発を推進する。具体的には、製造現場での稼働データの一括収集や産業機械の制御、カメラ映像のリアルタイム収集・配信など、顧客の経営課題の解決に向けた実証を積極的に行っていく。また、これまで日立システムズが提供しているドローンの操縦・撮影代行などをワンストップでサポートする「ドローン運用統合管理サービス」や現場作業の負荷軽減を支援する「CYDEEN フィールド作業支援サービス」など、次世代ネットワークと親和性の高いサービスとの融合にも取り組んでいく。

 日立システムズグループでは、今回の取り組みをもとに、日立の先進的なデジタル技術を活用したLumadaソリューションの提供を通じて、幅広い顧客のデジタル技術を活用した経営革新の取り組みをワンストップでサポートしていく方針。