ATENジャパン(鄧鴻群社長)は4月13日、デジタル教室やビデオ会議室などリアルタイムな同期が必要とされるシステムを手軽に設定できる「4入力4出力HDMIマトリックススイッチャー(4K60p、スケーラー対応)」を発売したと発表した。税別価格は46万円。

4入力4出力HDMIマトリックススイッチャー

 新製品は、4K@60Hz、HDMI、HDCP 2.2に対応しており、継続的なビデオストリーム、リアルタイム制御、安定した信号伝送を保証するFPGAマトリックスアーキテクチャーを採用したシームレス切替機能を備えている。さらに、高性能スケーラーを内蔵し、入力解像度をさまざまな出力解像度に変換することができるため、最高のビデオ品質を提供する。

 豊富な操作方法に対応しており、フロントパネルのプッシュボタン、IRリモコン、RS-232制御、ウェブGUIまたはTelnet用のイーサネット接続を使ったシステム管理が行える。また、最大4096×2160/3840×2160@60Hz(4:4:4)の非圧縮解像度を処理することができる。

 フレームバッファーによる継続的なビデオストリーム、リアルタイムな切替、安定した信号送信が可能。さらに、わかりやすいウェブGUIを使用して、ビデオウォールの表示レイアウトを設定できる。