ATENインターナショナルは4月3日、新型コロナウイルス感染症のパンデミック期間での通信作業の課題を克服するために、リモートワークソリューションのシリーズ製品として、プレゼンマトリックスシームレススイッチャー「VP2120」、KVM over IP「CNシリーズ」、USB-C 2ポートUSB 3.1 Gen 2デバイス共有器「US3342」、StreamLIVE HD ポータブルライブストリーミングAVミキサー「UC9020」を導入したと発表した。

VP2120

 VP2120は、ビデオマトリックススイッチャー、マルチストリーミング、オーディオDSP、コミュニケーションプラットフォームの機能を1台のコンパクトなデバイスに統合した製品。ATENビデオプレゼンテーションコントロールアプリを介して最大4人の参加者がミーティングに参加し、安全な接続を有する自身のデバイスを使用して情報共有することができる。1系統のHDMI入力、2系統のHDMI出力、4系統の双方向ストリーミングに対応(マトリックス表示対応)している。
 
CN9600

 CNシリーズ(CN9600/CN8000A/CN8600)は、PCやアナログKVMスイッチと、コンソールデバイス(キーボード、モニター、マウス)との間に接続することによって、その機器へのリモートアクセスを実現するKVM over IP製品。冗長性のためのデュアルLANとデュアル電源(CN8600、CN9600のみ)を搭載し、データ暗号化による安全なリモートデータアクセスを提供する。ソフトウェアをインストールする必要がなく、接続機器にはBIOSレベルでのアクセスが可能。バーチャルメディアに対応し、OSのアップグレードやソフトウェアのインストールなどの作業を効率的に行うことができる。解像度は、ローカル・リモートの各コンソールとも1920×1200@60Hzに対応している。
 
US3342

 US3342は、ユーザーが2台のUSB-Cノートパソコンで4台のUSBデバイスのデータを共有できるデバイス共有器。データ転送速度は最大10Gbpsで、2種類のプラットフォーム(Windows、Mac)間でファイル転送機能とマウス操作を実現する。同製品を使用することで、在宅勤務時の生産効率を高めることが可能となる。
 
UC3020

 UC3020は、既存のカメラを即座にウェブカメラに変換することができるプレゼンマトリックスシームレススイッチャー。任意のカメラをアプリケーションやプラットフォームとして容易に採用することが可能となるため、登校停止の状況などでのリモート教育に役立てることができる。ビデオカメラやデジタル一眼レフカメラ(DSLR)の非暗号化HDMIビデオ信号を最大1080p@60Hzの解像度でキャプチャーが可能。ビデオ編集ソフト、オープンブロードキャスターソフト(OBS)、Xsplit、Twitch、YouTube、Facebook、Skypeなどのプラットフォーム経由のライブビデオストリーミング、ウェブキャスティング、テレビ会議に対応している。
 
UC9020

 UC9020は、1080pビデオキャプチャー、ビデオスイッチャー、ストリーミング用ブロードキャスター、ビデオコンバーター、ビデオ分配器、オーディオミキサーの機能を1台で実現するポータブルライブストリーミングAVミキサー。iPad OSの直感的なアプリを提供し、モニタリングのプレビュー/プログラミング、ビデオレイアウトやPiP設定のリアルタイム制御&編集、オーバーレイや字幕の追加など詳細設定を行うことができる。また、最大8シーンをプリセットすることで、その後のストリーミングや処理の最中にハードウェアとのやりとりの頻度を抑制する。