ウイングアーク1st(田中潤社長)は、異なるシステムやクラウドサービスを連携・接続し、業務の自動化を実現するコミュニケーションツール「DEJIREN(デジレン)」を4月15日に発売した。

DEJIRENアプリ画面(スマートフォン)

 DEJIRENは、個人が実施する複数のオペレーションを自動化することにより、人の働き方も効率化し変化するというDX(デジタルトランスフォーメーション)の考え方に基づき開発したもの。企業で働く人とビジネスで必要となる異なるシステムやサービスをつなぎ、人の意思決定を加速させるコミュニケーションツールとなっている。

 また、企業の業務システムや外部のクラウドサービスをノンプログラミングで連携させることが可能。蓄積・流通するデータを組み合わせることで、スケジュールの遅延、設備異常、在庫の不足などを「ボット」に通知させる、投入したデータファイルが自動で仕訳され適切なシステムに格納される、または「ボット」に取引先についての問い合わせを行い、複数のシステムにまたがる情報がリアルタイムに組み合わされて通知される、などのアクションを実行できる。これらの情報をもとに、個人やチームは状況判断を行い、業務をスムーズに完結することが可能となる。

 主な機能として、ユーザーとコミュニケーションを行う「ボット」を提供。システムと人のインタラクティブなコミュニケーション(ボット)を可能にし、データに基づいた意思決定を加速する。

 ノンプログラミングで異なるシステム・サービスを連携・接続し、業務フローを自動化する「アクションフロー」を提供。メールやスケジュールなど日常のコミュニケーションをボットで通知するなど、DEJIRENプラットフォームで一元管理ができる。直感的なUIにより専門的な知識をもたなくても、業務の自動化を推進できる。

 APIを使ってシステムやサービスと連携する「コネクター」を提供。情報活用ダッシュボード「MotionBoard」と文書データ活用ソリューション「SPA」のコネクターを用意しており、簡易に連携できる。MotionBoardの接続データソースは100以上となり、接続先のデータソースから分析された情報を元にグラフや地図・レポートに変換できる。また、SPAは、紙のようなアナログデータもAI-OCRでデジタルに変換し、デジタル文書の保管連携が可能となる。

 税別価格は、初期費用が10万円(開始月のみ)、基本ライセンスが月額7000円/10ユーザー。年間契約となる。