ウイングアーク1st(田中潤代表取締役社長)は、3月26日に東証で予定していた株式上場を中止した。3月10日の取締役会で下した決定によるもの。2月20日に東証から上場承認されていたが、申請を取り下げた。新型コロナウイルスの感染拡大と原油価格の急落によって、世界的な株安が生じているため。上場手続きの再開については、株式市場の動向を見極めた上で、引き続き検討するとしている。

ウイングアーク1stのウェブサイト

 ウイングアーク1stグループは、ビッグデータを「新しい資源」として活用することで、企業や社会に価値をもたらすソフトとサービスの提供を行っている。「Empower Data, Innovate the Business, Shape the Future.情報に価値を、企業に変革を、社会に未来を。」をビジョンに掲げ、データ活用で多くの企業にイノベーションをもたらし、より良い社会を実現することを目指している。