NTTテクノクロス(串間和彦社長)は5月11日、NTT研究所の独自技術を活用し、遠隔地の臨場感をそのままにリアルタイムで映像を配信する「超高臨場映像ソリューション」を5月25日から提供すると発表した。

講演での利用イメージ

 スポーツ観戦やライブイベント、講演などでは、会場の収容数やアクセスが原因で、一部の人が参加できないという課題があった。一方で、映像による遠隔視聴では、現場の雰囲気や迫力が伝わりづらいという課題もある。今回、こうした課題解決に向け、遠隔地のイベントや講演があたかも目の前で行われているかのような空間を再現するNTT研究所独自の「Kirari!」を活用した超高臨場映像ソリューションを提供する。

 具体的には、NTT研究所が開発した任意背景被写体抽出技術を活用し、背景がブルー・グリーンなど単一色のスクリーンを用いたクロマキー撮影を利用せずに、任意の場所で、動いている対象でもリアルタイムに映像として切り出すことを可能にした。切り出された人や物の映像は、リアルタイムに遠隔地へ伝送し、他の映像や資料と合成することができる。これにより高度な映像演出と、遠隔地でも同じ空間にいるような映像を提供し、高臨場な複数同時講演の実現などビジネスの効率化を支援する。

 また、NTT研究所が開発した超高臨場サラウンド映像合成技術を活用し、複数台の4Kカメラで撮影した映像を、リアルタイムにつなぎ合わせ、高精細で非常にワイドな映像を作成する。合成したワイド映像をリアルタイムに遠隔地へ伝送することで、時間と距離を超え、あたかもその場にいるかのような空間を再現する。

 同ソリューションにより、臨場感が求められるスポーツ観戦やライブイベントを体感できるようになるほか、航空・船舶など広視野角かつ繊細な監視作業が必要な現場では、遠隔からの正確な監視を実現する。