NTTテクノクロス(串間和彦社長)は3月23日、農業でのハウス施設内の温度・湿度を見える化する「Fermier Monitor(フェルミエ モニター)」を4月1日から販売すると発表した。

Fermier Monitorの構成イメージ 
 
利用画面

 Fermier Monitorは、広いハウス施設内の温湿度を簡単に可視化し、環境の差(ムラ)を明らかにするシステム。これにより、生育差や収量差、疫病の発生原因を定量的に評価することが可能となり、収量や品質の安定的な生産をサポートする。

 具体的には、LPWA通信と無線センサーを活用することで、ハウス施設内の上下左右の多地点で、温度と湿度を計測することを可能にした。これにより、例えば暖房機付近と出入口付近や天井付近、地上部付近の温度/飽差を把握できるようになり、適切な温度/飽差が保たれていない箇所の改善を行うことができる。センサーは、電池駆動で約3年間利用可能なため、既設ハウスでも簡単に導入できる。

 一般的なグラフ表示だけでなく、多地点で測定された同一時間帯の温度を1度ごとに色付けして、3Dマップ上に表示する。農作物は1度の差で成長に大きく影響するが、各時間帯の温度・飽差のムラをわかりやすく可視化することで、収量差の出やすい温度ムラ箇所の具体的な制御改善を行うことができ、収穫量の増加・品質の安定化につながる。さらに、オプションを利用することで、複数のハウス間の環境比較や任意のセンサー間の環境比較など、より詳細な分析を簡単に行うことができる。