NTTテクノクロス(串間和彦社長)は、5G/LTEに対応した映像伝送サービス「ストリームウェイズ」の提供を3月19日に開始した。

 ストリームウェイズは、NTTドコモが提供するドコモオープンイノベーションクラウドなどのクラウドサービスを利用し、安定した映像伝送と映像の切り替えや分配を実現するもの。NTTテクノクロスが今まで培った映像とネットワーク技術の知見を5Gやクラウドサービスと組み合わせることで、簡単に誰でも利用できる映像伝送サービスを提供する。

 LTEのほか5Gに対応し、低遅延な映像伝送を実現した。伝送にはクラウドサービスを利用するため、どこからでも映像伝送が可能。パブリックビューイングなどのリアルタイム映像を活用したイベントに適している。また、ドコモオープンイノベーションクラウドを利用することでセキュアな映像伝送にも対応できる。

 NTTエレクトロニクスの伝送装置(HC10000シリーズ)を採用。4Kの映像素材も低遅延で高画質のまま伝送することが可能で、5Gの低遅延性と広帯域性を十分に生かすことができる。

 税別価格は、映像伝送サービスの利用料が1回線あたり3万円/日。ストリームの上限帯域は20Mbpsまで。映像伝送パッケージのレンタルサービスが送受信機器1台あたり15万円/日。