東京海上日動火災保険(東京海上日動、広瀬伸一社長)とディーカレット(時田一広社長)は5月13日、保険料の領収や保険金の支払いといった保険契約の業務プロセスを対象に、ブロックチェーン技術を利用した自動化に関する実証実験を3月に実施したと発表した。

スマートコントラクトによる検証概要

 保険を契約する際には、保険料の支払いや保険金の受け取りなど、さまざまな手続きが発生する。デジタル通貨やブロックチェーンの特徴を生かした業務プロセス・決済プロセスの実現は、これらの手続きをこれまで以上に効率化・迅速化することができ、顧客の利便性向上が見込まれる。また、保険会社の業務効率化・迅速化に大きく貢献することも期待されている。

 そこで今回、両社は共同でデジタル通貨とブロックチェーンによる決済実証実験を実施した。なお、東京海上日動は18年1月にディーカレットに出資をしており、この実証実験は資本提携業務の一環となる。

 実証実験では、ディーカレットが構築中の「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を活用し、保険料の領収や保険金の支払いといった業務プロセスの自動化に関する技術検証を行った。具体的には、ブロックチェーン上に保険契約の情報などを事前に登録しておき、事故が発生した際に、その情報をブロックチェーンに読み込ませることで、保険金の支払条件に合致したか否かを自動的に判定し、保険金をデジタル通貨で即座に支払う仕組みの有効性について検証した。

 また、東京海上日動と東京海上日動の若手有志団体であるTibに対して、ブロックチェーン上でトークンを発行し、トークンを保険料や保険金と見なすことで、スマートコントラクトを用いた保険金請求支払業務の自動化に関する有効性を実証した。

 東京海上日動とディーカレットは、今後も、効率的で、より良い保険の仕組みづくりを検討していく考え。