KDDI(高橋誠社長)とアイレット(岩永充正社長)は、法人顧客向けに、米Rackspace Hostingが提供する、アマゾンウェブサービス(AWS)の設計構築から保守運用までサポートするクラウドマネージドサービス「Rackspace Service Blocks for AWS」の提供を5月26日に開始した。Rackspaceのサービス提供は日本初となる。

3社の役割分担概念図

 Rackspace Service Blocks for AWSは、高品質のクラウドマネージドサービスを安定して継続的に提供するもの。高度な専門知識をもった専門家がクラウドの構築から運用までをサポートし、クラウド運用の標準化や自動化による効率化などで、顧客のDXを支援し事業拡大に貢献する。また、業務のオンライン化、地域への分散など耐障害性の高いインフラであるクラウドの企業導入をサポートし、災害時や緊急事態での顧客の事業継続にも寄与する。

 具体的には、クラウドサービスのライフサイクル管理に必要な要素を「Platform Essentials(基本サポート)」「Architect&Deploy(設計・構築)」「Managed&Operate(運用・管理)」の3つの機能に分け、AWS向けに「Rackspace Service Blocks」として提供する。これにより、顧客のニーズに合わせたサービスを必要な分だけ迅速に導入することができる。

 利用料金は、AWSとService Blocksの利用料金を合わせて、月額料金で提供する。料金モデルケースは、AWS利用料金が月額100万円の場合、Platform Essentialsが月額19万5000円、Architect&Deployが月額28万円、Managed&Operateが月額13万5000円。