ニュース

LanScope CatとL2Blockerを無償で、ソフトクリエイトがキャンペーン実施

2020/06/01 14:55

 ソフトクリエイト(林宗治社長)は5月27日、エムオーテックス(MOTEX、河之口達也社長)が提供するIT資産管理・情報漏えい対策ツール「LanScope Cat」をクラウドで利用できる「LanScope Cat on SCCloud」と、ソフトクリエイトが提供するセキュリティアプライアンス「L2Blockerクラウド」の体験版を7月31日まで無償提供するキャンペーンを実施すると発表した。


 新型コロナウイルス感染症対策のため、テレワーク(リモートワーク、在宅勤務)の実施が急増、活発化しているが、「労働時間管理が難しい」「業務の状況が見えない」「セキュリティリスクが高くなる」といった課題が顕在化している。この課題を解決するためには、PCの利用状況把握、そして社内で利用するPCと同様のセキュリティ対策が求められる。

 こうしたなかで、再注目されているのがPCの利用状況把握ができる「IT資産管理ツール」。ネットワークの接続状況、データ保護設定状況、ウイルス対策ソフトの利用状況、OSのセキュリティアップデートの適用状況などを一元管理することができ、テレワークに必要なセキュリティ対策が可能。また、これに加え、利用者のPC操作ログを管理することができるため、PC起動時間を利用した労働時間管理も行うことができる。

 そこで今回、ソフトクリエイトでは、PC管理や労働時間管理を急務として実現したい企業や組織に向け、IT資産管理ツール導入キャンペーンを実施する。キャンペーンでは、長期で利用できるクラウド型IT資産管理ツールのLanScope Cat on SCCloudに加え、未許可端末を排除するセキュリティアプライアンスシステムであるL2Blockerクラウドの体験版を7月31日まで無償提供する。

 LanScope CatとL2Blockerを連携して利用することで、LanScope Catのエージェントがインストールされていない機器を見つけ出しネットワークから遮断するため、今後予測される社外(テレワーク)と社外のハイブリッドなPC運用やBYODにも対応したエンドポイントセキュリティの強化を行うことができる。

関連記事

【2020年 年頭所感】 ソフトクリエイトホールディングス ZERO

感染端末をネットワークから自動遮断 「L2Blocker」と次世代ファイアウォールが連携――ソフトクリエイトとパロアルトネットワークス

ソフトクリエイト、エクスジェンと共同開発の統合ID管理ツール提供へ

外部リンク

ソフトクリエイト=https://www.softcreate.co.jp/

エムオーテックス=https://www.motex.co.jp/

「LanScope Cat on SCCloud」=https://www.sccloud.jp/product/cat

「L2Blocker」=https://www.l2blocker.com/

「IT資産管理ツール導入キャンペーン」=https://go.softcreate.co.jp/sccloud-cat-l2b-campaign-contact.html

おすすめ記事