業績好調だった19年は、Windows 10需要によってPC販売が伸長した。注力してきたオリジナルサービスの提供についても、18年12月に資本業務提携したエクスジェン・ネットワークスと共同開発した統合ID管理プラットフォーム「LDAP Manager on SCCloud」を4月に無事リリースし、お客様もついてきた。また、ECパッケージ「ecbeing」をMicrosoft Azure上で提供する取り組みで、日本マイクロソフトとの協業にも力を入れた年だった。

林 宗治
社長

 働き方改革によって場所にとらわれない働き方が広がり、クラウドサービスの活用も進む中、ファイアウォールを境界に置いて社内ネットワークを守る従来型のセキュリティ対策は限界にきている。そこで今年は、「信頼しない」ことを前提に全ての通信を検証する「ゼロトラストネットワーク」が本格的に稼働していくのではないかとみている。そのコアになるのが統合ID管理で、LDAP Manager on SCCloudの提供をはじめ、そこに向けた仕込みはできている。20年はゼロトラストに力を入れていくということで、キャッチフレーズは「ZERO」とした。

 また、この言葉には、PC需要が一服した後に何ができるのかを考えるという意味も込めている。デジタルトランスフォーメーション関連のインフラ投資もあれば、ゼロトラストの観点では従来のファイアウォールを中心とした情報システムの考え方そのものにも大きな変革があるだろう。先進的な企業はそうしたことに積極的に取り組むとみられ、当社もそこを支援していきたい。