東京エレクトロンデバイス(TED)は、米Pure Storageのハイブリッドクラウド対応のストレージサービス「Pure as-a-Service」の販売を7月1日に開始した。

「Pure as-a-Service」のWebページ

 Pure as-a-Serviceは、オンプレミスやさまざまなパブリッククラウドのデータストレージを横断的に利用できるハイブリッドクラウドに対応する従量課金型ストレージサービス。ハイブリッドクラウドを統合し、オンプレミスとパブリッククラウドとのデータポータビリティー、共通管理が可能になり、オンプレミスとパブリッククラウドを意識することなく自由度の高い運用や拡張を実現する。

 導入企業は、運用担当者のストレージシステムのソフトウェア更新、ハードウェア交換、容量拡張作業などの工数削減が可能で、自社のニーズに応じた柔軟なハイブリッドクラウドを導入することでさらに業務の効率化を図ることができる。

 料金体系は、リザーブ容量とそれを超過したオンデマンド容量に対する従量課金型のため、サービス導入時から最大容量をリザーブする必要がなく初期投資を抑えることができる。サービス導入後もデータ使用量に対する課金となり、費用の最適化を図ることが可能。1年ごとの契約更新時にリザーブ容量を見直すことで、事業状況に合わせた設備投資の最適化と、投資計画を策定するIT担当者の負荷軽減を実現する。オフバランス化により、調達資金や維持管理の手間を軽減することもできる。

 TEDでは、Pure as-a-Serviceの導入・構築・検証支援までをサポートするとともに、保守サービスメニューとして、障害発生時の解析や部品交換作業、バージョンアップ作業などを行うハードウェアのオンサイトサポートを24時間365日体制で行うことで、顧客のニーズに対応したハイブリッドクラウドでのストレージシステムの保守・運用の負荷軽減を支援していく。