パナソニックモバイルコミュニケーションズは7月7日、頑丈タブレット「TOUGHBOOK(タフブック)FZ-A3」を、国内法人向けに7月15日から順次発売すると発表した。

TOUGHBOOK FZ-A3

 TOUGHBOOK FZ-A3は、過酷な現場での使用に備え、頑丈設計を強化した10.1型の高解像度・高輝度Androidタブレット。耐落下性能では、MIL規格準拠の120cm落下試験(動作時・26方向、合板)に加え、独自試験として、より厳しい条件の150cm落下試験(動作時・6方向、コンクリート)を実施した。さらに、冷凍・冷蔵倉庫などの低温環境下での使用を想定し、耐環境性能も強化。-20℃の低温でも動作可能となった。保管(非動作)温度は-30℃から70℃で試験を行っている。

 現場でユーザーが簡単に交換できるバッテリを搭載し、大容量バッテリパックも用意している。標準バッテリで約9時間駆動、大容量バッテリ搭載時は約15.5時間の長時間駆動を実現する。また、NFCを標準搭載している。

 使用シーンに合わせてタッチ操作モードを選択可能(Normal mode/手袋操作/スタイラスペン/水滴誤動作防止)。新型コロナウイルス感染予防のための手袋装着時でも、雨に濡れてもタッチ操作をすることができる。
 
利用イメージ

 大画面・高解像度の10.1型WUXGA(1920×1200ドット)(16:10)液晶を搭載。輝度最大約800cd/m2(平均約500cd/m2)で屋外での視認性を確保する。

 また、本体一体型アタッチメントオプションとしてバーコードリーダー、スマートカードリーダを用意し、用途にあわせたカスタマイズを選択できる。

 価格はオープン。