野村総合研究所(NRI)は、オフィス向けのAI画像解析ソリューション「NRI AI Camera for Office」の提供を7月31日に開始した。

 同社では、オフィスの新型コロナ感染対策を推進するため、アマゾンウェブサービス(AWS)の先端技術を活用して、個人情報の保護に配慮した安全・安心なAI画像解析ソリューション「NRI AI Camera」を開発し、顧客企業や社内での実証実験を行ってきた。今回、その成果を集約し、企業にとって大きな課題の一つである「withコロナ」「afterコロナ」でのビジネス活動再開を支援するため、新型コロナ感染予防を目的とするNRI AI Camera for Officeを開発・提供する。
 
「NRI AI Camera」撮影・AI処理した画像。
左端の人物がマスクをしていないことを感知・警告

 具体的には、執務エリアや会議室などオフィス内での3密回避のため、従業員が「マスクを着用しているか」「近接していないか」などAIカメラが自動的に認識し、音声で注意を促す。AIカメラが撮影した画像データは、エッジコンピューティング技術によってカメラ端末側で破棄し、解析後のデータのみをクラウド側へ連携する。クラウド側では、AWSの多様なサービスを活用することで、高度なビジュアライズ・分析を可能にする。NRIでは、同ソリューションを会議室に導入しており、今後、全オフィスに展開する予定。

 クラウドやサーバー上でのAI処理ではなく、端末(エッジ)に閉じた環境でAI処理を行うため、クラウドやサーバーに個人情報が蓄積されることがなく、機微情報の漏えいリスクなどを最小化することができる。また、カメラ端末がWi-FiやLTEなどのワイヤレスネットワークに直接接続できるため、端末の電源のみで設置が可能で、敷設場所を選ばない。AIモデルなどのアップデートも遠隔(リモート)から実施でき、敷設後の維持管理はほとんどをリモートメンテナンスにより行えるなど、利便性にも優れている。

 なお、NRIでは同ソリューションの開発と並行して、AWSジャパンの協力を得て、DX開発を担う福岡ソリューション開発部内にAIを専門に開発するチームを設置した。AWSジャパンは、そのチームに対して、AIやML(機械学習)の技術支援と開発PoC(概念実証)支援、マーケティング支援、人材育成を含めた各種トレーニングを提供するとともに、グローバルのAWSのアプライドサイエンティスト、アプリケーションエンジニア、サービスチームと連携した支援を実施する。また、今後、同社はNRIのAI開発に対しこの支援を広げていく。

 NRIは、AWSジャパンのサポートを受けながら、これまで自社で蓄積してきたノウハウをAWSのAI/ML技術と融合し、顧客企業や社外の有識者とも連携しつつ、幅広い分野でデジタル変革をさらに加速・推進していく方針。