沖電気工業(OKI)は9月23日、AIによる高度な映像モニタリングを実現した映像AIソリューション「AISION」の販売を開始したと発表した。

「AISION 車両センシングシステム」とIoT機器連携による警告通知例

 AISIONは、ディープラーニング技術を用いた映像データのリアルタイム解析などにより、顧客に安心・安全を提供するもの。第一弾として、安全走行違反車による事故防止や車両走行地域の安全管理業務の負荷低減を実現する「AISION 車両センシングシステム」の提供を9月23日に開始した。

 AISION 車両センシングシステムは、通行車両の安全管理上の課題をディープラーニング技術で解決するシステム。工場敷地内での安全走行違反車への注意喚起、一般公道でのスピード超過や逆走の探知などにより事故防止に貢献するとともに、安全管理業務の負担軽減も実現する。

 具体的には、「トラフィックカウント」「速度検知」「逆走探知」「IoT機器連携」「映像圧縮・録画」の5つの機能により、エッジ領域でのリアルタイムな車両センシングを実現した。AIエッジコンピューターでディープラーニング画像解析を行うことで、夜間や降雨雪時などの悪条件な環境下での認識精度向上を図っている。さらに、LTEや920MHz帯マルチホップ無線(SmartHop)などの各種インターフェースに対応することで、柔軟な設置環境や各種IoT機器との連携を実現。また、AIの知識がない人でも扱える簡単な設定機能を備えた車両センシングアプリケーションをパッケージ化することで、高度なディープラーニングAIシステムでありながら、簡単な設定・導入を可能にした。

 税別価格は1セット68万円から。AISION全体で、3カ年累計100億円の販売を目標としている。

 OKIでは今後、AISIONを様々な社会課題の解決に活用するため独自のエコシステム「AIエッジパートナーシップ」によるパートナーとの連携を拡充し、より付加価値の高い映像AIソリューションを提供していく考え。