日商エレクトロニクス(日商エレ)は9月30日、LPガス配送事業者に向けたAIやIoTなどの技術を使った最適配車サービスを開始したと発表した。


 新サービスでは、LPガスの配送時に配車担当者や配送ドライバーが行う作業負荷の低減や配送ルート決定、配送ドライバー間の勤務時間の平準化を、最適配車指示(VRP(Vehicle Routing Problem)の解決)により実現する。従来のルート最適化製品(TSP(Traveling Salesman Problem)の解決)とは大きく異なり、配車担当者や配送ドライバーが時間をかけて配車計画を立てる必要がない。配送車両1台単位ではなく、保有する配送車両全体を考慮して、当日の配車計画と車両単位で最適なルートを決定することができる。

 具体的には、配送ドライバー全体のシフトに応じて、勤務時間などの閾値や条件設定が可能。当日の状況に応じた柔軟な地域割り当てや車両の積載本数を考慮したルートを設計し、配送拠点全体の効率を高める。また、LPWAを導入済みの企業であれば、より精度の高い残量情報を活用することで、さらに配送効率を向上することができる。

 当日必須でない配送を最も移動コストが少ない曜日・ドライバーに変更して、全体の稼働時間を削減する。配送ドライバーの勤務契約・能力に応じて負荷を調整することで、組織として最大のパフォーマンスを発揮できるようになる。

 なお同サービスは、LPガス配送だけでなく、灯油のホームタンク補充、自動販売機補充など、定期補充配送に関わる幅広い業種で活用できる。すでに、一部のLPガス配送事業者では同サービスを活用した実地での運用を開始している。日商エレでは、同サービスで21年度に1億円の売り上げを見込んでいる。