ネットワンパートナーズと米Fortinet(フォーティネット)は10月1日、9月にディストリビューター契約を結んだと発表した。これにともないネットワンパートナーズは、フォーティネットが日本市場で展開する広範な製品ポートフォリオを、10月からパートナー企業経由で順次販売する。

 フォーティネットのセキュリティファブリックは、DXを実現するサイバーセキュリティプラットフォームであり、豊富な製品ポートフォリオによって、IoTからクラウドまでのネットワーク全体をセグメント化することで、高度な脅威に対する優れた保護機能を提供する。

 具体的には、「ハイパースケール・データセンター」「IoT/OTセキュリティ」「ダイナミック・マルチクラウド・セキュリティ」「セキュアSD-WAN」「セキュアSDブランチ」「AIドリブン・セキュリティ」「SECaaS(Security-as-a-Service)」といったソリューションで、拡大する攻撃対象領域から企業や組織を保護しDXの実現を支援する。

 ネットワンパートナーズでは、これらの製品ポートフォリオ・ソリューションに向けて、高度な技術サポートと全国を対象とした保守サービスをパートナー企業に提供する。さらに、豊富なICT基盤製品も同時に取り扱うことで、包括的にパートナー企業を支援することができる。

 両社の協業によってパートナー企業は、自社のDXソリューションに広範で効果的なネットワークセキュリティ機能を組み込み可能となり、エンドユーザー企業・組織のDX実現に向けた独自ソリューションを提供できるようになる。