デザミスとNTTテクノクロスは、乳用牛と肉用繁殖牛の分娩兆候を検知するアルゴリズムを共同開発し、デザミスが提供している牛の行動モニタリングシステム「U-motion」のオプションとして、10月14日から肉用牛繁殖農家を対象に「分娩アラート」サービスの提供を開始した。

U-motion

 U-motionは、ICT・IoT・人工知能などの技術を活用して牛の行動をリアルタイムにモニタリングするサービス。牛に装着した専用センサーが、採食、飲水、起立、横臥、歩行、反芻などの行動データを24時間収集し続ける。集積したビッグデータを人工知能(AI)で解析し、アラート機能や台帳機能として提供することで、効率的な農場経営をサポートする。

 今回オプション提供する分娩アラートは、分娩検知専用のセンサータグを牛の尻尾に装着。センサーで取得した加速度と気圧のデータから自動で分娩兆候を検知するアルゴリズムを新たに開発し、日本で初めて尻尾の動きで分娩を検知するシステムを実現した。

 アルゴリズムが分娩兆候を検知すると、牛番号・牛舎番号などの個体情報をEメールで通知する。農場から離れた場所からでも分娩予定の牛の行動を確認することが可能。さらに、アラートが出た牛を優先的に対応することで分娩事故のリスクを減らすことができる。