NECとRealeyes OU(本社・エストニア、Realeyes)は、NECのもつ生体認証・映像分析技術と、Realeyesのもつ感情分析技術を組み合わせた、新たな遠隔コミュニケーション向けのサービスを共同開発した。これは7月に発表した協業の一環で、同サービスは21年1月にNECから販売する予定。グローバルで3600億円規模の感情分析サービス市場でトップシェア獲得を目指す。

会議利用における分析ダッシュボードのイメージ

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、映像を使ったビデオコミュニケーションが様々な日常生活のシーンに浸透し、活発になっている。一方で、こうした非対面のコミュニケーションは対面のコミュニケーションと比べ、相手の意図していることがわかりづらい、反応が掴みづらいことなどが課題としてあり、利用者のストレスも顕在化している。

 今回開発した新サービスは、PCやスマートフォンで使用されるビデオコミュニケーションツールと連携し、ツール利用者の同意のもと、プライバシーに十分配慮した用途で映像からツール利用者の感情を分析する。

 具体的には、世界180社以上に導入されているRealeyesの感情分析技術を活用し、ビデオコミュニケーションツール上の映像からツール利用者の興味や注目度などの反応を分析する。分析結果は、分析ダッシュボード上で一覧として確認することができ、ツール利用者にリアルタイムで共有することができる。

 これにより、非対面であっても、コミュニケーション中の理解に不安がある部分などを即座に把握、察知し、その場で伝え方を工夫したり、発言を促したりすることで円滑な対話や会話の活性化に役立てることができる。また、分析ダッシュボードを振り返ることで、主催者は会議構成やファシリテーションなどの改善、参加者は自身の反応の振り返りなど、自己理解への活用など利用者自身の目的に合わせて様々な用途で活用することが可能となる。

 なお、8から9月の2カ月間にわたり、両社による同サービスの技術検証を行った。ウェブ会議での会議参加者の感情を分析し、参加者の感情変化を把握できることが、主催者による自身の進行の振り返りに役立つことを実証した。

 両社ではニューノーマル時代に向けて、人々がより快適なコミュニケーションをとることができる環境を提供することで、生産性の向上や日々の生活を安全・安心して送ることが可能な社会の実現に貢献していく考え。