ニュース

三澤智光氏が日本オラクル社長に、12月1日就任

2020/11/19 16:15

 日本オラクルは11月19日、三澤智光氏が12月1日付で執行役社長に就任すると発表した。現執行役CEOのケネス・ヨハンセン氏は11月30日で執行役を退任する。

 
 三澤氏は富士通を経て、1995年に日本オラクルに入社。専務執行役員テクノロジー製品事業統括本部長、副社長執行役員データベース事業統括、執行役副社長クラウド・テクノロジー事業統括などを歴任。16年3月に日本オラクルを退社し、日本IBMに移籍。取締役専務執行役員IBMクラウド事業本部長を務めるなどクラウド事業をけん引したが、今年10月には米オラクルのシニア・バイス・プレジデントに就いていた。
  • 1

関連記事

日本オラクル SaaSこそがDXの推進役 10年かけた“つくり直し”の価値を問う

日本オラクル クラウドの全機能をユーザーDC内で提供 NRIが世界初採用

日本オラクルとYahoo! JAPAN、広告効果計測分野で連携、広告効果を正しく把握

オラクル アジアパシフィック・ジャパン アプリケーションPR担当 ビクトリア・チャマタ氏の行きつけの店

オラクル、来年末にリージョン数を2倍以上の36拠点に、AWSを抜く

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>