日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)は11月26日、「2020年度 新規会員歓迎懇親会」を東京・港区で開催した。およそ130名が集まり、この1年で新たに入会した43社との親睦を深めた。初開催の昨年は8月に実施したが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で時期を遅らせた。参加者はマスク必着。入り口で受け取ったフェイスシールドも着用の上、検温とアルコール消毒を済ませて会場入り。メイン会場には強力な空気清浄機を設置し扉や仕切りを開放。密を避けるため別室やテラス、庭でも懇親できるよう工夫を凝らし、幾重もの感染防止対策を施した。

あいさつで「1月の賀詞交歓会もぜひリアルで開催したい」と話すJCSSAの林宗治会長

 あいさつに立ったソフトクリエイトホールディングスの社長でJCSSAの林宗治会長は「コロナ対策を万全にしながら、リアルでの開催にこぎつけた。この場を活用して人脈を広げていただきたい。現在、JCSSAの各委員会は、ほとんどがオンラインで開催している。大人数での意見交換も逆にやりやすくなった。積極的に委員会にも参加いただきたい。1月の賀詞交歓会もぜひリアルで開催したいと考えている」と話した。林会長はまた「このところ企業の情報システム部門の地位が上がっているという印象が強い。こうした機運を背景に会員各社が多くのビジネスチャンスを得られるよう、様々な場を提供しいきたい」と話した。(BCN・道越一郎)
 
普段は声高らかに行う乾杯も感染症対策のため小声で行った

 JCSSAに新たに入会した43社(正会員31社、賛助会員12社)は以下の通り。
正会員:
RSUPPORT/アクロホールディングス/アップデータ/Archaic/EDOM Technology Japan/インヴェンティット/SSマーケット/SOBイノベーションパートナーズ/MOA/グローバー/ケーエムケーワールド/コラボスタイル/コンシェルジュ/サイエンスアーツ/産商アドマーケティング/シーエスコミュニケーション/ジャパニアス/Scoville/SALES ROBOTICS/ソード/ダイレクトパワー/千代田組/TBグループ/DigiIT/日通システム/ファインドゲート/ブリッジインターナショナル/MicroWorld/マルチネット/ミラクルソリューション/MOST
賛助会員:
GMOグローバルサイン/アドバンスデザイン/アラクサラネットワークス/エヌ・デーソフトウェア/オプロ/TeamViewerジャパン/Chatrork/ドーモ/日本NCR/パロアルトネットワークス/ファイア・アイ/ランドスケイプ