ミロク情報サービス(MJS)と、MJSの子会社で中小企業の事業承継・事業継続を支援するMJS M&Aパートナーズ(mmap)は1月5日、信金中央金庫が構築する「しんきん事業承継コンソーシアム」に参画すると発表した。

スキーム図

 しんきん事業承継コンソーシアムは、複数の外部専門機関と連携して、信用金庫の取引先に対して最適な解決策を提案することで、事業承継を円滑に進めることを目的としている。MJSグループでは、全国の専門家ネットワークを生かした事業承継、税務相談、M&A支援サービスなどを提供。信金中央金庫と参画企業と連携し、中小企業の課題を解決していく。

 具体的には、しんきん事業承継コンソーシアムに参画する外部専門機関の一つとして、各地域の信用金庫から取引先の事業承継・M&Aにかかる相談に対応可能な専門家の紹介依頼を受け付ける。相談内容に応じ、MJSグループがもつ全国8400の会計事務所のパートナーシップを通じ適切な専門家を紹介し、ニーズに合わせてアドバイザリー、コンサルティングなどのサービスを提供する。また、必要に応じて、mmap自身が事業承継・M&A支援業務を行う。