ダイワボウ情報システム(DIS)とシスコシステムズ(シスコ)は1月21日、安全なテレワーク環境を素早く構築し、運用管理を代行する「iPad x Cisco Meraki楽々テレワークパッケージ」の提供を開始すると発表した。

 
 iPad x Cisco Meraki楽々テレワークパッケージは、テレワークの実施に必要なデバイス、Web会議システム、社員の自宅とオフィスを接続するネットワーク、またこれらの導入と運用サービスをまとめたパッケージ。事業継続計画のために安定的で安全なテレワーク環境の構築が急務となるSMB(中堅・中小企業)の顧客に向けて提供する。

 同パッケージは、安全性の高いデバイスであるiPad、世界の官公庁や大企業で広く活用されているウェブ会議システム「Cisco Webex」、クラウド管理型ネットワークソリューション「Cisco Meraki」を組み合わせて構築。ディストリビューターであるDISが、全国の販売店とともに、顧客のニーズに合わせてシステムを構築・導入、導入後の運用管理、サポートまでをトータルに提供する。

 Cisco Merakiテレワーカーゲートウェイを社員の自宅に配備し、オフィスにセキュリティアプライアンスを設置するだけで、安全なテレワーク環境を簡単に構築できる。iPadとCisco Webexを組み合わせることで、シンプルにテレワークを実現することができる。

 価格は、社員の自宅5拠点と本社を接続するシステムを構築した場合、約130万円(1年間の保守サービスを含む)。