2020年は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴い、私たちの生活スタイルや労働環境も、急激かつ非常に大きな変化への対応を余儀なくされた。

松本裕之 社長

 感染拡大をきっかけとして、テレワーク環境の構築や、教育市場におけるICT環境の整備など、ITを活用することによる課題解決が注目されるとともに、積極的にIT投資を図る業態が多く見られた。また、DXを実現するため、ITインフラの利便性向上が求められ、クラウドサービスの利用シーン拡充や、その導入・運用・保守を行うマネージドサービス等の新たなIT需要が、あらゆる地域や業種において高まりを見せている。

 今後、ITの活用シーンはさらに裾野を広げ、ユーザーのニーズもますます多様化することが予想される。当社の持つ地域密着の営業基盤を生かし、エリアの特性を熟知したパートナーとともに、全国隅々のエリアごとに異なるニーズを反映した質の高いサービスを提供していきたい。

 テクノロジーの進化により、ITビジネスは、高度化・多様化が進み複雑化しているが、当社は付加価値として、ユーザーにとって最善のサービス&サポートをシンプルに提供することで、パートナーのITビジネスを支援していく。

 大きな変革が求められる今こそ、ベンダーやパートナー、その先のユーザーに至る幅広いニーズと期待にしっかりと応えていくことで、社会の発展のために貢献していきたい。