ニッセイコムは、「GrowOne 販売情報システム」のテンプレートを2月15日に追加した。新たに「食品卸売業」「建材卸売業」「化学製品卸売業」「産業廃棄物処分業」の4業種に対応した機能をテンプレート化した。


 GrowOne 販売情報システムは、流通業向けシステムの導入実績をもとに体系化しており、受発注から販売、購買、在庫管理、債権債務の管理まで、販売業務を統合的にサポートする。業種特化型テンプレートでは、ニッセイコムが40年以上にわたるノウハウを組み込むことで、顧客の業務効率化を支援している。

 今回、「食品卸売業」「建材卸売業」「化学製品卸売業」「産業廃棄物処分業」の各業種に特化した業務・管理機能をテンプレート化することで、顧客の業務に合致したシステムの導入コストを削減する。

 同社では今後、中堅・中小企業を中心に販売促進活動を行い、26年度末までに100社への導入を目指す。また、導入実績をもとに継続的な開発を進め、業種特化型テンプレートの種類を増やしていく計画。