パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、デジタルサイネージソリューション「AcroSign(アクロサイン)」の機能を強化し、クラウド制御による「空間演出」×「サイネージ」を実現する「AcroSign Version 3.0」を1月25日に発売した。

複数プロジェクターによるサイネージ投影

 同社はこれまで、サイネージの配信管理システムとしてウェブブラウザー上で簡単に配信できるAcroSignを提供し、機能強化を実施してきた。例えば、外食・流通店舗での販売促進、大型商業施設での案内、鉄道・空港施設での運行情報やイベント情報、防災情報といった、特定の情報を伝えるシステムとして提供し、使いやすく機能を強化してきた。一方、近年では映像空間でのUX(ユーザーエクスペリエンス)の最大化や環境特性を生かした「空間演出」のサイネージ利用ニーズが高まってきている。

 今回のAcroSign Version 3.0では、従来、現場での運用・調整が多かった「空間演出」について、映像表現を向上させる機能を強化し、AcroSignクラウドサービスを通じたクラウド制御によって、多拠点配信・管理することが可能となった。

 また、世界的なシェアをもち、高い安定性と同期再生機能を備えたBrightSignのデジタルサイネージコントローラー(日本国内正規代理店:ジャパンマテリアル)を採用することで、AcroSignの簡単な管理画面での操作と美しい映像表現の両立を実現した。