ミロク情報サービス(MJS)は福岡銀行と提携し、MJSのクラウドサービス「かんたんクラウド会計」と福岡銀行のオンラインレンディングサービス「フィンディ」の連携を開始した。

連携イメージ

 かんたんクラウド会計は、「誰でも簡単に使える」をコンセプトにした小規模事業者向けのクラウド型の会計システム。FinTechを活用して、金融機関からデータを自動取得・自動仕訳作成するほか、レシート画像解析による自動仕訳も可能で、仕訳の入力作業にかかる時間と労力を軽減し、顧客の会計業務の効率化を図ることができる。

 一方、フィンディは決算書などの財務データではなく、会計仕訳データに基づき与信判断を行うことで、スピーディーな融資を実行するサービス。急なつなぎ資金の需要や資金繰りの悪化の際に、オンラインでスピーディーに融資を行う。

 今回の連携によって、日々の会計仕訳データによる与信審査を通じた資金調達が実現する。さらに、かんたんクラウド会計を利用している場合、福岡銀行の口座をもっていなくても審査申し込みができ、申し込みから融資の実行まで全ての手続きがオンラインで完結するため、資料準備や銀行訪問の負担が軽減され、審査期間の短縮化による早期融資を可能にする。

 具体的には、審査申し込みにあたり、顧客が福岡銀行への情報提供に同意すると、取引先や摘要欄などの情報は秘匿した形で、かんたんクラウド会計から福岡銀行に会計仕訳データが提供され、そのデータを基に、福岡銀行で融資審査が行われる。かんたんクラウド会計を利用している場合は、福岡銀行の口座を新たに作成することなく、普段使っている銀行口座へ融資金が振り込まれ、非対面、保証人・担保不要で最大1000万円までの短期融資が可能となる。