ミロク情報サービス(MJS)は1月12日、ゼロ知識証明を利用したブロックチェーン・プラットフォームの開発を手掛けるToposWareと資本提携したと発表した。

 
 MJSグループは、ERPソリューションとデジタル・マーケティングを融合した新たな「統合型DXプラットフォーム」の構築を目指し、顧客の生産性向上・競争力強化、DX推進によるイノベーションの創出を支援する総合的なソリューションサービスの提供を進めている。

 一方、ToposWareは高度な情報セキュリティを求める行政機関・企業・個人に向け、次世代のデータプラットフォームとなる相互接続性のあるブロックチェーン・ネットワークを開発している。暗号資産の決済だけでなく文字列やファイルなどのデータを対象に、改ざん耐性とデータプライバシー(秘匿性)を提供し、中でも「ゼロ知識証明」という暗号理論を活用し、強固なデータ秘匿性を担保することに強みをもっている。

 今回、MJSグループではToposWareと資本提携することで高度なブロックチェーン技術を生かした次世代の新たなビジネス・プラットフォームの構築を目指して共同で研究開発を行っていく。