日本IBMは大阪ガスのDX支援の一環として都市ガス製造拠点の保全業務の効率化を図る「保全業務プラットフォーム」を構築し、3月から本格稼働したと発表した。同プラットフォームにはIBMの業務プロセスモデリングツールである「IBM Blueworks Live」とワークフロー基盤「IBM Cloud Pak for Business Automation」が採用されている。

 大阪ガスは労働人口の減少に伴う将来的な保全業務の担い手不足を課題として認識。ベテランのスキルやノウハウを整理し、大量の書類や個別の管理ソフトなどで管理していた業務プロセスを見直すことで、保全業務の効率化と最適化を進めてきた。

 今回本格稼働した保全業務プラットフォームは、予算策定から年間の工程策定、仕様書発行・発注、詳細工程などの日々の工事調整、進捗報告、実績の管理に至る保全業務の各プロセスで発生するあらゆる情報を一元管理するという。加えて、経験の有無を問わず業務を遂行できる標準的なワークフローを展開することで、保全業務の効率化と最適化を図るとしている。
 

 個別の機能については、まずIBMのSaaSであるBlueworks Liveを活用し、現場主導の業務プロセス作成を支援する。作成した業務プロセスをCloud Pak for Business Automationに取り込んでワークフローを構築し、ハイブリッドクラウド環境下で実装・運用することで、ビジネス・プロセスの自動化やワークスタイルの変革を後押しするという。また、予算管理・工程管理の改善については、ウェッブアイの統合プロジェクト管理ソリューションである「PREGARE・工程's・Planow」を採用している。