オービックビジネスコンサルタント(OBC)は、「勘定奉行クラウド」が6月18日から、キヤノンが提供するクラウド型MFP機能拡張プラットフォーム「uniFLOW Online」を介して、オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズとサービス連携したと発表した。

今回の連携では、キヤノンのimageRUNNER ADVANCE DXシリーズで一括スキャンした複数の領収書から、金額や日付、支払先の情報を高精度のOCR(光学文字認識)で抽出し、uniFLOW Onlineを介して、勘定奉行クラウドに自動入力できる。この自動入力と勘定奉行クラウドの学習機能が合わさることで、仕訳の自動起票も可能となる。

 さらに、スキャンデータはタイムスタンプが付与された状態で仕訳データに紐づき保存される。これらは電子帳簿保存法への準拠により、領収書の原紙を一定の保存期間を経て廃棄することを可能とし、オフィスのペーパーレス化を促進する。

 人による入力業務を削減することで、導入企業は“仕訳自動起票”と“証憑ペーパーレス化”による経理部門の大幅な生産性向上を図ることができる。従来から勘定奉行クラウドに搭載されている銀行連携やExcel連携といった仕訳入力の自動化機能のバリエーションの一つとして、経理の電子化による生産性の向上、テレワークの推進など経理の業務効率化に貢献する。

 OBCでは、こうした連携を通じ、今後も企業の業務生産性向上の実現を支援していく考え。