NECソリューションイノベータは、AI技術で良品・不良品(2級品)を検出・分類する機能を追加したクラウドサービス「NEC AI・画像活用見える化サービス/生産管理・検査支援」の提供を食品製造業向けに開始した。また、オプションとして「NEC AI・画像活用見える化サービス/学習モデル作成ツール」を無償で提供する。

NEC AI・画像活用見える化サービス/学習モデル作成ツール

 NEC AI・画像活用見える化サービス/生産管理・検査支援は、独自アルゴリズムの追加によって収集した良品画像のみを学習するだけで良品・不良品の検出・分類を行うことを可能とした。良品の多い検査対象物においても、発生頻度の低く画像の収集が難しい不良品や異物が検出できるようになり、対象物の状況に合わせた検査の実施と生産現場における検査業務の改善をサポートする。

 NEC AI・画像活用見える化サービス/学習モデル作成ツールでは、専門知識がなくてもブラウザーの画面上で学習モデルの作成や評価などの動作確認、学習モデルのクラウド環境への登録が可能。検査対象物の追加や判定条件の変更なども行うことができる。