米ファンドのシンフォニー・テクノロジー・グループに売却されるマカフィーの法人事業は、売却が完了するまで「McAfee Enterprise」を名乗り事業を行うことを明らかにした。社名変更ではなく売却が完了までの一時的な措置であり、この期間中は関連会社の傘下となる。売却は年内に完了する予定で、その後、新会社を設立し新社名で法人事業を展開する予定だ。

 8月18日に開催した記者発表会では、SASE(Secure Access Service Edge)に対応するセキュリティサービス「McAfee MVISION Unified Cloud Edge(MVISION UCE)」にZTNA(ゼロトラストネットワークアクセス)機能「McAfee MVISION Private Access」を追加したと発表した。

 MVISION Private Accessについて、櫻井秀光・執行役セールスエンジニアリング本部本部長は「ZTNA機能を提供している企業は多く、当社は後発となる。差別化を図っていくため、『データ認識型のZTNAソリューション』としてアピールしていく」と述べた。
 
櫻井秀光
執行役