アライドテレシスは、社内システムで利用する各種ウェブサービスに対して「シングルサインオン」「ID管理」「アクセス制限/コントロール」を提供するクラウドサービス(IDaaS)「Net.CyberSecurity/クラウドID管理サービス」の提供を開始した。

イメージ

 Net.CyberSecurity/クラウドID管理サービスは、ユーザーが一度クラウドID管理サービスのポータルにログインするだけで、その他の利用しているクラウドサービスや社内ウェブシステムにシングルサインオン(SSO)することができるサービス。

 業務に利用するクラウドサービスへの多要素認証やアクセス制限を実現し、社内システムなど全てのサービスをまとめてシングルサインオンすることができる。ユーザーは、覚えるID・パスワードが一つだけになる。管理者は、アプリなどを一括に管理することができる。また、パスワードの定期変更も不要となる。

 クラウド型サービスのため、ユーザーはどこからでもアクセスすることができるほか、セキュリティ強化のため、IPアドレス制限などの設定も可能。シングルサインオンの認証方法は、SAML認証とフォームベース認証と二つの認証方法に対応している。シンプルで使いやすいUIで、管理者も直観的に操作できる。

 オンプレミスと異なり、最短1週間で運用を開始することもできる。無料プラン(利用期限なし)も用意し、使用感や便利さを試すことができる。