Chatworkとライトアップは、業務提携契約を8月25日に結んだ。これにより、「Chatwork 助成金診断 powered by Writeup(Chatwork 助成金診断)」の提供を開始する。
 

「Chatwork 助成金診断」イメージ

 Chatworkは、ビジネスチャット「Chatwork」を展開しており、メール、電話、会議に代わる次世代のビジネスコミュニケーションツールとして、企業の業務効率と生産性向上を支援している。

 一方、ライトアップは補助金・助成金活用支援「Jコンサルティング」や補助金・助成金自動診断システム「Jシステム」を提供するなど、「全国、すべての中小企業を黒字にする」というビジョンの実現に向けて、さまざまな支援策を実施している。

 Chatwork 助成金診断は、自社の課題やニーズにマッチした助成金を無料で診断、書類作成、役所訪問などの煩雑な手続きも、全て弁護士や社労士と連携し、診断から申請までを完全サポートする。また、助成金の最新情報をデータベース化し網羅しているため、継続的に助成金活用を提案するなど、企業の受給額の最大化を支援する。

 Chatworkの利用者は、特設サイト上の無料診断完了後にChatworkのグループチャットが開設でき、Chatworkのグループチャット上で簡単に問い合わせなどを行うことが可能となる。