TISは、全社統合型マーケティングプラットフォーム「TIS MARKETING CANVAS」のECプラットフォームサービス「Salesforce Commerce Cloud」に、構築をサポートする「単品通販向けECサイトテンプレート」を追加し、10月1日に提供を開始する。

単品通販向け EC サイトテンプレート

 今回のテンプレートは、Commerce Cloudを採用し単品通販向けECサイト構築を行う企業向けに、共通ベースデザイン、カスタマイズ機能を組み込んだ。TISが単品通販業界の構築を支援してきたノウハウなどを生かし、業界に共通する主要機能をテンプレート化した。同テンプレートをCommerce Cloudに組み込むことで、品質を担保しながらCommerce Cloudの構築工数の削減を実現する。

 テンプレートの標準提供機能として、「フォーム一体型LPパーツ」では、ランディングページに、商品選択・お届け先・支払い方法の入力フォームを設置することで、通常の決済導線を進むことなく「入力」「確認」「完了」の3ステップで、会員登録・注文完了を可能にする。注文完了までの画面遷移数を減らすことで、ユーザーのフォーム入力ストレス軽減、カゴ落ち防止、CVR向上を図ることができる。

 また、商品詳細に配置されるカート投入ボタンをランディングページや、特集ページに自由に配置することができる「カート投入ボタンパーツ」を提供する。通常の「特集ページ」「商品詳細」「カート投入」のステップを踏むことなく、直接カート投入できることで、ユーザーの操作ストレスを減らし、カゴ投入率向上が期待できる。

 「購入制限機能」では、「お一人様1回限り購入」「会員限定購入」「クーポンコード必須購入」など、商品購入を制限する機能を提供する。各制限機能を組み合わせ、サンプル商品や限定商品などの転売目的の購入などを抑制することもできる。

 さらに、会員登録時のメールアドレスの有効性を確認するための「ワンタイムパスワード機能」を提供する。ユーザーが会員登録時に有効なメールアドレスを入力すると、メールアドレス宛にワンタイムパスワードが送信される。そのパスワードを画面入力するだけで簡単に会員登録を完了することができる。

 「ログイン必須コンテンツ機能」では、ログインを必須とするコンテンツの作成が可能。Commerce Cloud標準では、静的コンテンツを作成・公開すると全てのユーザーが閲覧可能となる。コンテンツアセットに「会員限定制限」を追加することで、会員限定セールのお知らせなど、会員以外には見せないコンテンツの作成が行える。