SCSKは、CX(カスタマーエクスペリエンス)サービス「altcircle(オルトサークル)」との連携を強化した新AIチャットボット「PrimeAgent(プライムエージェント)」の提供を10月1日に開始する。

「altcircle」の全体像と
「PrimeAgent」の位置づけ

 PrimeAgentは、SNS、ウェブサイトなどのデジタル接点での自動応答と有人対応をシームレスに連携することによって、ユーザーの困りごとをスムーズに解決。AIチャットボットが、FAQや有人チャット、基幹システムなど、さまざまなシステムと連携することで複雑な問い合わせや他サービスの業務自動化などを実現する。

 また、altcircleの付加機能として、ECやコンタクトセンター基盤との連携でAIチャットボット単独利用では得られない相乗効果を生み出すことができる。

 主な特徴として、SNSや有人チャットとの連携を可能にするAPI連携、業務自動化を可能にするRPA連携、メールでの問い合わせに誘導可能なメールアプリケーション連携などの充実した連携機能により、様々なシステムとの協調を可能にする。ユーザーは、AIチャットボットに話しかけるだけで有人対応が必要となる複雑な問い合わせや他サービスの業務実行などをシームレスに実行できるようになる。

 適切な情報にナビゲートするシナリオ設定、あいまいな質問でも必要な情報を聞き返して適切な回答に導くスロットフィリング、質問の絞り込みを可能にするカテゴリ機能などの豊富な対話補助機能により、高度な応対を可能にする。これによって、ユーザーの困りごとの解決を高速化・効率化することができる。

 同社が13年から蓄積したチャットボット製品の経験・ノウハウを生かし、少ない学習データでも独自のアルゴリズムで適切に回答する。また、プログラムレスで、簡単・迅速なメンテナンスを実現。特別な専門知識は不要なため、誰でもメンテナンスが可能となる。さらに、オンプレ/クラウドどちらでも提供が可能となっている。

 価格は、PoCが100万円から(PoCライセンスを含む)、本番導入が650万円から(初年度ライセンスを含む)。同社では、今後3年で100社の提供を目指す。