ニュース

性能とコストのバランスを評価、工学院大学がクオリティアの「Active!hunter」を採用

2021/10/19 14:30

 クオリティアは10月19日、工学院大学のアンチスパム・アンチウイルス「Active!hunter」の導入事例を発表した。

 工学院大学は、「21世紀型ものづくり」を支える豊かな科学的素養をもった人材(リーダー)の排出などをビジョンに掲げ、四つの学部と大学院、附属中学校と高等学校で21世紀型教育を実践している。同大学の情報システム部では、10年以上前からウェブメールの「Active!mail」を採用し運用してきた。今回、以前から利用していたアンチスパムとアンチウイルス対策製品を継続して使用することが困難になったため、Active!mailと親和性が高く国内での実績もあるActive!hunterを採用した。

 Active!hunterは、コラボレーション型の「CLOUDMARK」で既知のスパムを検知し、学習型フィルターエンジン「SVM」で未知のスパムをブロックするデュアルエンジンを搭載。なりすましメールへの防御策として効果を発揮する送信ドメイン認証のSPFやDKIMはもちろん、国産製品としてどこよりも早くDMARCフィルターを実装している。

 これらを含む独自の17階層によるフィルター群には、ダイナミックIPブロッキング/ホワイトリスト(IP)/ブラックリスト(IP)/RBLの「IPフィルター系」やユーザーフィルターも搭載し、ドメインごとに用途別権限の設定をすることで小規模から数万ユーザー規模にも対応できる柔軟なフィルター設定が可能。さまざまなスパムメールの脅威からそれぞれのユーザーを保護する。

 工学院大学では、Active!hunterの導入にあたり、2社のアンチスパム/アンチウイルス製品と比較し、約3週間の検証の結果、性能とコストのバランスが良いActive!hunterを採用した。同製品は、パターンファイルの更新なども自動なため、運用負荷の削減を実現。また、前製品からの切り替えもスムーズに行われ、安定稼働している点も評価している。
  • 1

関連記事

クオリティア、Active!zoneを「All in One メール Gateway」に提供

躍動するクラウドのエコシステム 全方位かつ面的な市場拡大へ

<Interview>アクロニスのプルヴァミュラー新CEOに聞く 「組織の成長を支援することが私の仕事」

外部リンク

クオリティア=https://www.qualitia.co.jp/

工学院大学=https://www.kogakuin.ac.jp/

「Active!hunter」=https://www.qualitia.co.jp/product/ah/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>