NTTドコモと都市再生機構(UR都市機構)は10月27日から28日まで、横浜市・金沢シーサイドタウン並木一丁目第二団地(共同研究実証フィールド)でUR賃貸住宅に住む人々をモニターとして自動配送・遠隔操作ロボットを活用した配送実証実験を行う。

自動配送ロボットのイメージ

 今回の実証実験は、両者が昨年12月8日に取り交わした「スマート技術の導入と環境整備に係る共同研究協定」の中でUR賃貸住宅におけるスマート技術の活用に向けたセンシングなど、さまざまな実証の検討を進める中の取り組みの一つ。この共同研究を進めるにあたり、共同研究実証フィールドに第5世代移動通信システム(5G)の通信環境を整備し、あわせて5Gを利用したWi-Fiによる通信環境を団地屋外に構築している。

 実証実験では、自動配送ロボットが日用品などを団地入り口から住棟まで配達することでUR賃貸住宅に住む人々のロボットに対する受容性(ニーズ面、機能面、安全面など)を確認し、今後のさまざまなロボットの導入に向けた検討材料とする。

 UR都市機構では、5GやAI・IoTなどのスマート技術の活用により、社会課題の解決やUR賃貸住宅の魅力向上を目指して研究していく。両者は今後、NTTドコモの「ライフスタイル共創ラボ」とも連携し、さまざまな技術検証や居住者サービスのDX実証を共同研究実証フィールドで進めていく計画。