グーグル・クラウド・ジャパンは9月7日、記者説明会を開催し、NTTドコモが今年7月にGoogle Cloudを大規模導入した事例を紹介した。一時は採用見送りとなったが、性能や機能が向上したことで、導入が決まったという。

 NTTドコモは、社内のビッグデータ分析基盤「IDAP」の閉域環境にGoogle Cloudを導入した。IDAPは2014年に誕生し、当初はオンプレミスとアマゾンウェブサービス(AWS)の環境で運用を開始した。17年には、データ量の増加に伴い、Google Cloudの採用を検討したが、セキュリティ要件を満たせていなかったことなどから採用には至らなかった。

 その後、19年3月にGoogle Cloudのマルチクラウド・データ・ウェアハウス「BigQuery」の性能検証を開始。グーグルのエンジニアと協議を重ねた結果、大幅な性能向上を確認した。同年12月にはGoogle Cloudによる運用のめどがつき、翌年10月から小規模導入し、今年7月に本格導入となった。