ニュース

米イルミオが日本法人の設立で市場開拓へ、社長に嘉規邦伸氏が就任

2021/11/19 17:35

週刊BCN 2021年11月29日vol.1901掲載

 アプリケーションとデータの可視化・保護製品を提供する米イルミオは11月17日、日本法人となるイルミオ・ジャパンを設立し、国内で事業を開始した。日本法人の社長には嘉規邦伸氏が就任した。国内では間接販売のみで展開するため、今後は、パートナー開拓に注力する。
 
嘉規邦伸社長

 イルミオでは、サーバーやクライアント同士の通信をホスト単位で制御するマイクロセグメンテーション技術を活用したプラットフォームを構築している。それにより、アプリケーションやデータの可視化と保護を実現し、ランサムウェア攻撃やシステムを横断的に動き攻撃するラテラルムーブメントを早期発見できるという。同社のアンドリュー・ルービン・共同創業者兼CEOは「ゼロトラストセキュリティの考え方に基づいたソリューションだ」と説明した。

 製品はベアメタルサーバーやIaaS上のコンテナ環境向けの「Illumio Core」、エンドポイント端末向けの「Illumio Edge」、クラウドネイティブ環境向けの「Illumio CloudSecure」の三つを提供する。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

進化するセキュリティ市場(前編)ネットワークセキュリティはゼロトラストへ 各ベンダーはSASEの提供に注力

進化するセキュリティ市場(後編)活況を取り戻したエンドポイントセキュリティ市場 参入ベンダーの増加で競争が激化

クラウドフレアがAPACでセキュリティ調査、日本はゼロトラストへの取り組みで遅れを取る セキュリティ投資も消極的

外部リンク

イルミオ・ジャパン=https://www.illumio.com/ja