ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード)は12月20日、「WatchGuard Cloud」で管理できるWi-Fi 6とRAP機能対応のアクセスポイントの新モデル「AP130」「AP330」「AP430CR」を発表した。

AP430CR

 これにより、WatchGuard CloudではWi-Fiアクセスポイントを含む全てのウォッチガード製品のクロスプラットフォーム連携と一元管理が可能となる。また、販売パートナーはウォッチガード製品/サービスをさらに効率的に購入、導入、管理できるようになり、新アクセスポイントの優れた接続性、パフォーマンス、ベストインクラスのセキュリティの提供が実現する。

 今回の新リモートアクセスポイントは、将来の導入も見据えた次世代型テクノロジーを採用。成長を続けるWi-Fi 6に対応している。また、最高レベルの暗号化を実現するWPA3もサポートしており、最先端のWi-Fi 6テクノロジー、さらには新たにサポートされたリモートアクセスポイント(RAP)機能と組み合わせることにより、中堅・中小企業や分散拠点をもつ大企業は、最高品質のセキュリティを備えたWi-Fi環境の構築が可能になる。

 新モデルの主な機能は、ウォッチガードの全てのWi-Fi 6対応アクセスポイントでOWEとWPA3暗号化をサポート。速度、パフォーマンス、接続性が向上し、輻輳を削減するとともに、オフィスユーザーやリモートネットワークユーザーに対して、セキュアなWi-Fiエクスペリエンスを提供する。また、ゼロタッチ導入と後方互換性により、アップグレードを簡素化する。

 RAP機能により、アクセスポイント自体がVPNクライアント機能をもち、分散拠点やホームオフィスの従業員もFireboxのある本社と同様、ハイパフォーマンスなWi-Fi接続と、社内リソースへの安全なアクセスを提供する。