クラウドの導入が拡大したことで、企業の情報システムには構造的な変化が発生し、セキュリティに関しても考え方を大きく変える必要に迫られている。「安全な社内」と「危険な社外」を切り分け、それらの境界線で攻撃を食い止めるという従来のモデルは、もはや通用しない。クラウド時代に、どこを何で守るべきかを再考する。(取材・文/日高 彰)