DX事業の強化に注力する富士通と、コンサルティングサービスを推進するレッドハットが協業する。富士通が実施するアジャイル開発プロジェクトに、レッドハットのコンサルティングサービスを組み合わせ、戦略設定からビジネスの実践までをトータルで提供する。富士通はレッドハットからコンサルティングノウハウを、レッドハットは富士通から開発人材の供給を受ける形のパートナーシップとなる。
(日高彰)
 
(左から)富士通の浦元克浩理事、
大西俊介執行役員常務、レッドハットの金古毅副社長執行役員

 富士通は近年、受託開発型のシステム構築事業から、デジタル技術を活用して顧客の変革を促すDX支援事業へのシフトを図ろうとしている。同社でグローバルソリューション部門副部門長を務める大西俊介・執行役員常務は、DXの推進にあたっては「アジャイル思考の組織風土に変える、ビジネス・業務プロセスを変える、マネジメントスタイルを変えるなど、経営層や事業部門が取り組むべき要素がいくつもある」とし、システムのモダナイズやアジャイル開発の導入といった技術面での取り組みだけでは、十分な成果をあげることはできないと指摘する。

 そこで富士通では、顧客の新規ビジネスに必要なシステム開発だけでなく、ビジネスの戦略策定や、仮説を立案し検証しながら改善していく、アジャイル手法を用いたビジネスの実践を一貫して支援するサービスを4月1日から提供する。事業規模の目標は、2022年度からの3年間で2000億円と大型だ。このサービスを立ち上げるため手を借りたのが、オープンソース技術大手のレッドハットだった。