Dynabookは、オフィスでもリモートでも働く場所を選ばないハイブリッドワークを実現するためにデザインされた企業向けWindows 11搭載PCの導入にあたり、データ移行作業をサポートする「PCリプレース支援サービス」の提供を5月9日に開始する。


 同社では、PCの導入から運用に関するライフサイクルを計画、調達、導入、展開、運用、保守、撤去・更新という七つのフェーズに分け、さまざまなサービスを用意している。PCライフサイクル全体の流れを七つのフェーズに分けて認識し、各フェーズでやるべきことや課題を明確化している。今回は、これらライフサイクルの中で、最も重要で慎重さが求められ、作業に手間がかかる「展開」の部分をスムーズに行うための新サービスを提供する。

 PCリプレース支援サービスでは、Dynabookのサービススタッフが顧客を訪問し、現在使用しているPCのデータをDynabookオリジナルの移行ツールを使用してWindows 11を搭載した新しいPCへ移行作業を行う。同社は、これまでWindows 7やWindows 10リリース時に提供してきたデータ移行サービスの実績が多数あり、今回も、これらの蓄積されたノウハウを盛り込んだ同社オリジナルの移行ツール「PCリプレース支援ツール」を作成し、サービスを提供する。

 PCリプレース支援ツールを使用し、サービススタッフが顧客を訪問して作業を行うことで、顧客のデータ移行にかかる作業負荷を軽減。また、情報漏えいリスクやデータの移行漏れを低減し、Windows 11搭載PCへの移行を快適にサポートする。

 そのほか、サービススタッフが使用するPCリプレース支援ツールのみの販売も行うため、ツールを使用して顧客自身で作業することもできる。