Twilio Japan(Twilio)は、ソフトバンクと提携し、国内全域の固定電話番号(0AB-J番号)で利用できるクラウド音声通話サービスの提供を5月19日に開始した。また、Twilioとソフトバンクは、国内でのコミュニケーションのDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進することを目的に、さまざまな連携を図っていく予定。

クラウド音声通話サービスのイメージ

 これまでTwilioは、国内向けのクラウド音声通話サービスとして、050番号サービスや、着信者に通話料が課金される0120/0800番号(トールフリー番号)サービスを提供。国内で利用されてきた歴史が長く、広く認知されている固定電話番号は、高い信頼性が求められる企業に加えて政府や自治体などから強い需要があった。また、固定電話番号は市外局番から始まる番号であるため、顧客対応業務で地域性を重視する企業などのニーズにも対応できる。

 今回、Twilioのクラウドコミュニケーションプラットフォームとソフトバンクの固定電話網を接続し、総務省からの認定を受けて、固定電話番号で利用できるクラウド音声通話サービスを提供する。このサービスは、TwilioがAPIを通して提供するため、導入企業や自治体などは、ビジネスチャットツールやオンライン会議システム、コンタクトセンターで活用している自社のアプリケーションなど、さまざまなサービスやアプリケーションに組み込んで利用することができる。

 このサービスの導入には、電話機の設置や通信回線の引き込み工事などが不要なため、簡単に利用を開始できる。従業員のリモートワークなどでの定常的な利用に加えて、突発的に多くの問い合わせが発生する、災害やイベント時などに回線数を追加して利用するなど、柔軟な活用が可能。また、従来の固定電話サービスを今回のクラウド型のサービスに置き換えることで、PBXの高額なメンテナンス費用が不要になる。

 Twilioでは、同社のウェブサイトやパートナー企業を通して、今回のサービスを提供する。また、ソフトバンクはサービスの提供に合わせてTwilioとパートナー契約を結んでおり、ソフトバンクが扱う各種法人向けサービスと、Twilioのコミュニケーションサービスを組み合わせて、企業や政府、自治体に今回のサービスを提案していく。